スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のこと。

今日は長く、暗い話題なので

苦手な方は避けてくださいね。




私が子供の時。

「お小遣い」と言うものは無かった。

家が山奥で、お金を持っても

子供が歩いていける場所にはお店が無かったから

持つ必要性が無かった。

中学になると欲しい物があると

母にでなく父にお金をねだって買っていた。

母に言ってももらえないのがわかっていたのかな。

高校は、自分としては公立私立こだわり無かったけれど

兄から「うちは家計が大変だから絶対に公立に行けよ」と言われ

そのまま素直に公立に行った。

公立とは言え、専門学科の学校だったから

教材を買うのにお金が要る。

母に「○○を今度授業で使うから買うのでお金ちょうだい」と言うと

「すぐには渡せんわ。ちょっと待て。」と言われていた。

だから授業が始まっても用意が出来ず

同級生が作っているのを横で手伝ったりしていた。

その時漠然と「うちはお金が無いんだな」と思ってた。



今にして思えば、私が生まれてから

以前の会社を辞めるまで

両親は大変だったと思う。

(私が少し障害を持っているのも大変な理由の一つ)



私が高校を卒業する間際まで

家は専業農家で、月々の決まった収入が無く

作ったものを売ってお金にしても

それまでにツケにしていた肥料や農薬の支払い

ガスなどの支払いをしていくと

手元に残るのはほんのわずか。

私の教材費は、親戚とかに借りて渡してくれていたようだ。

(母は詳しい事は言ってくれないので憶測だけど)

そんな苦しい生活の中、私が19の時

母が病気になった。 

「子宮筋腫」で手術が必要。

それでも仕事を気に掛ける母に

「そんなにしんどい仕事をして体を壊してまでしなくていいよ。」

と私が言った一言で

母の気持ちが吹っ切れたらしい

(何年かして母から言われた)

治療に専念して

さぁ、これからどうしようと考えた時、

地元に新しい工場が出来るので

働き手を探していると聞き

ダメ元で言ったら即採用決定。

その会社は母にとってすごく居心地のいい職場で

毎日喜んで仕事をしていた。

それからうちの生活はゆとりがでて

お金に困る事がなくなっていたように思う。

それまで心臓が悪いのに無理して働いていた父にも

「お母さんが働いてて家の事が出来ない分

お父さんがすればいいよ。主夫になれば?」

と私がすすめてみたら

最初は男の見栄を張りたがってた父も

その生活が快適だったからか

毎日楽しく暮らしていた。



私の方は、高校卒業後、寮住まいで

会社と言う形をとった和裁の学校に就職。

習いながら縫った物の報酬の一部を給料としてもらっていた。

けれど、「寮費」と言う名目で天引きされて、手元に残るお金は

38000円~40000円。

(私が行った所に限らず他の会社も似たような状況)

社会人になって、1番おしゃれや遊びに興味を持つ時ですよね。

ある化粧品会社のすすめで

クレジットカードを作ったのが良くなかった。

すすめられる化粧品を使いたいからカード払い
    ↓
少し支払いが足りない
    ↓
ローンで借りる
    ↓
・・・・・・・・・・・・・・

延々と続く




最終的にカードが3枚、ローンが50万円になった時、

これはダメだ!と自分で悟り、

化粧品会社と縁を切りました。

残ったローンは、前の会社を辞めたときもその金額のまま。

運良く退職後3ヶ月目に今の会社に入れた。

今の会社もパート給だから決して給料は良いとは言えない。

けれど、一度悲惨な状態まで行っていた私にとっては

他からは年齢(28歳)で断られていた事を考えたら

採用してくれて良かったと思う。

また、私にとってすごく働きやすい職場なので

楽しく働いてます。

さて、50万円のローンですが

結果は、



完済してます

再就職して3年かかったんですがスッキリと払い終えました。

まず、カードを利率の少ない会社1枚にして

残りの会社は、まとまった貯金が出来次第

一括完済してカード契約を切り、

残りの1社のも貯金が出来てまとめて完済しました。

今は、キャッシングは絶対にしない事にしています。



今の会社にいなかったら

多分まだローン返済に困っていたと思う。

前の職場にいた時はお金が無くて

親に小遣いを貰っていました・・・。

ローンの事は親には言っていません。

言って立て替えてもらうという事をする人もいるでしょうけれど

自分で作ったものの後始末は自分ですべきだと思ってたから。

クレジットカードは便利だけど

使い方をあやまると、

地獄への切符にもなりかねないと私は思ってます。





「完済出来てよかったね」と思ってくださる方、
ポチッとお願いします。
バナー
今日は15位!
昨日、記事更新情報を送るのを忘れていたのが響いたかなぁ?
今朝気がついて慌てて送ったけど・・・
いつもポチッしてくださってる方々、
ありがとうございます!これからもお願いします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まっとうに生きていらっしゃるのが、文章からも、言外からもズーッと伝わってきていましたよ^^ もっと、もっと幸せになってね!!

こういう褒め方は違うかもしれないけど、ぺんぎんさんは50万円で気づける人だからこそ完済できたんだと思います。
そして、家族のことに正面から向き合えたからこそ、ご両親もぺんぎんさんの意見を受け入れられたんじゃないかと。
自分自身、歳をとればとるほどに、真剣な意見以外には心を揺さぶられなくなってきていて、だからこそ、本当に自分のことを考えてくれる人の存在が貴重で、宝物のように思えています。
なんか、ぺんぎんさんのお母様の気持ちが吹っ切れた瞬間のことを思うと、じーんときます。じーーーんと。(2回書かなくてもよろしい)

追伸

と、と、と、夏目様からコメントが~っ! 凄いですねー

で、追伸なんですけど、私の母は子宮ガンで亡くなりました。父は肝硬変で他界。何にも親孝行なんて出来ませんでした。ぺんぎんさんはエライですよ。私はぺんぎんさんより、多分ずっと年上ですけど、ぺんぎんさんの実直さに学ぶことが多いです^^

暗い話題だとは思わなかったです。
すごくまじめに、人生に向き合ってこられたんだなーと思うし、ご両親の気持ちにもじ~んときます。じ~んと(夏目さんのパクリじゃなくて)。
私は幸か不幸か金融業に就職し、お金には非常にシビアに、また他人の人生の裏をほんの短い間に垣間見た気がします。
最初のきっかけはなんであろうとも、自分で「尻を拭ける」かどうかの方が問題だと思います。そういう意味ではぺんぎんさんは、高い授業料を払ったけれど、自分に向き合い、自分で始末する大人になれたのではないかと思います。
今私は、どんぶり勘定の家計に、超薄給でピーピーして、衝動買いもしますが、それでも一線を越えないのは、あの仕事で学んだからだと思っています。
(笑いのないコメントですみません)

こんにちは♪はじめてお邪魔しました。
PIYOばっかりやってて、お掃除ブログなかなか手付かずなんですが(集中できない状態なので、時間掛かることできないんです;;)
ぺんぎんさんの他にもたくさん新しいお掃除系ブログがぞくぞくと誕生してるんですね!
今回の記事はわたし、かなり共感です。
ドびんぼーで育ったので、お金にまつわる惨めな経験は山ほどあって、好きなことも諦めたりとか色々語りつくせません。
両親には色々苦労してもらったんだなぁ~とか、、、、。
長くなりそうなのでまたの機会に。
ではまた☆

はじめまして、お邪魔だけは何度もさせていただいてます。
子供も子供なりに、家の家計状況を察して気を使ったり言いたいことも言えなかったりしましたよね~。ぺんぎんさんと同じような思いをしてきた方、私も含めとても多いと思います。
私は一時金融業に身を置いていましたが、きれいに完済する人のなんと少ないこと。(貸してナンボの商売という側面もあったからですが)
なので、自分で気づいて誰にも頼らず一人でローンを完済、そしてその状況の中でも忘れないご両親への気遣い・・・そんなぺんぎんさんに軽く感動すら覚えてしまいました。
そういう人に私もなりたい(遠)。

こんにちは。
ぺんぎんさんの優しい心遣いに、お母様もお父様も凄く救われたんでしょうね。
その一言で十分お父様にも親孝行できていると思いますよ‥‥。

暗い話と思ってたんですが、
皆さん、真剣に読んでくださってありがとうございます。

★わかこさん
幸せになりたいですぅ~~
親孝行になってるのかな?と思いつつ、
苦労を掛けた母には出来るだけの事はしてあげたいと思ってます。
父は晩年、母に「俺はもういつ死んでも悔いは無い」と言ってたそうです。
仕事を辞める直前、医者に「このまま無理をしていたら長生き出来ませんよ」と言われてたのが
仕事を辞めて15年近く生きて、孫の顔を4人も見れて、
20まで生きられないと言われてた人が69まで生きましたから。
本音言えばもっと親孝行してあげたかったんですけどね。

★夏目さん
そう言って頂けると嬉しいです。(感涙)
ローンに関しては自分で完済出来ると思えなくて
何度親に相談しようかと思ったかわからないんですが
今は相談しなくて良かったと思ってます。

母が吹っ切れるまではまだまだいっぱい言ってるんですが、
最終的には半泣きで言ったあの言葉が母に届いて良かったと思ってます。
母は今でも口癖のようにあの時の事を言ってます。
その後に必ず「あの時仕事を辞めて良かった。あれでどんだけ気が楽になったか分からんわ」と言ってます。

★酉蔵さん
笑えない記事ですもの笑えるコメント出来ないですよね。(笑)

親が一生懸命働いてるのを見て育ってるから
お金の面では出来るだけ心配は掛けたくないと思ってました。
人間としてしてはいけない事として教え込まれたのは。
「人に迷惑を掛ける事」「人を騙す事」「人を殺す事」
ローンに関してはもし最悪の場合親に迷惑がかかるという事を悟ったので
なんとしてでも自分でやり遂げようと思ってました。
完済した時のあの清々しさは一生忘れられないですね。

★カナさん
コメントありがとうございます!
カナさんが復活されてどれだけ嬉しかったかわかりません。
無理をせず少しずつやっていってくださいね。

お金がすべてでないけれど、お金がない事は色んな可能性を無くしてしまいますよね。
お金に困らなくて、私立の高校に行ったら
もっと別の人生もあったかなと思ったりします。
結婚もしてたかも?(笑)

★ふるさん
はじめまして&コメントありがとうございます。
金融業の方って大変ですよね。
貸す時は感謝されて、返済の時は恨まれる。
時々TVでそう言う内容のを取り上げているのを見て
逆切れしてるのを見ると、こうはなりたくないと思いました。

これからも気軽にコメントしてくださいね。
よろしくお願いします。

★りこさん
亡くなった後で、母から「俺はいつ死んでも悔いは無い」って言ってた事を聞いて
少しは親孝行が出来たかなと思ってはいるんですが
本音言えばもっと親孝行してあげたらよかったなと。
父に出来なかった分、母にはこれからどんどんしてあげたいと思います。

コメントについて

記事と関連しないコメントや
当ブログの記事について
一切触れていないコメント
自分のブログへの
アクセス数稼ぎだけの為の
コメントと思われるものについては
こちらの所存で
削除させて頂く場合があります

現在の時刻
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

愛用してます♪






メールフォーム
注意:Yahooのメルアドは
スパムブロックに引っかかりますので
それ以外のメルアドでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
QRコード
QRコード
プロフィール

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
お気楽マイペースな
のほほん系。
アラフォーなんて気にしない
行き遅れ女

カウンター

現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りブログ更新状況
当ブログはリンクフリーです♪
ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。