約束。

震災から10日。

いろいろ思う事はあるけれど。

震災にあわなかった私たちは

日常を普通に生活する事で

「当たり前の生活」を

感謝する事・喜ぶ事・楽しむ事が

あの日に「未来」を断たれた方々への義務のように思う。

1日・1日を大切に生きていかなきゃね。



私に、過去の関西・新潟の震災の

何倍・何十倍のもショックをもたらした今回の震災。

「当たり前の毎日」が

本当は「当たり前」じゃないと気付かせてくれた。



本当ならば、生まれてすぐに死んでいた私。

助けてもらった事を忘れかけていた私。

それに感謝する事も忘れかけていた私。



これから私は

「生かされている事」に感謝しながら

笑顔の思い出を1つずつ増やしていこうと思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

震災あとからのblogを携帯から読ませて頂きました。
携帯から読んでいるので、読み飛ばしがあるかもしれません。
blogから、優しい気持ちが感じられ、涙ぐんでしまいました。
わたしの住む場所は、直接的な被災地ではありません。
だけど苦しいです。
本当に、本当に苦しいです。
被災地ではないからこそ、近隣ゆえに様々な事で、一番に協力を強制されているともいえます。
だけども、被災地をおもい、この我慢さえ、歯を磨く程度の当たり前な事だと思い、頑張っています。
もしも、全く関係のない地域であって、自分は関係ないと思っている方がいたら、
せめて、車のアイドリングを遠慮して欲しい。
寝る時間を30分だけでも早寝して欲しい。
そんな、みじかなことだけでも協力してくれないかと、心から、願います。
ペンギンさんの優しい気持ち、本当に有難う。

★あくとさん

大変な時に書き込みいただきありがとう。

いろんな情報を聞くたびに
「何か出来ないか」と思うんですが
何も出来ない自分が歯がゆいです。
義援金は、被災された方に行くので
そうでない方、つまりあくとさんのような立場の方には
どうすればいいのだろう、と。

車のアイドリングと言えば
ガソリンを買う為に長い行列を作っている車を見て
すごい違和感を感じました。
並んでいる間にエンジンかけてるのか。
じゃ、かけている間に
どんだけのガソリンを消費してるか分かっているのか、と。
それを考えると
ガソリンスタンドは、
整理券を配って対処すべきだったのではと思ったりします。

あくとさんに、優しいと思っていただけるのならば
これは亡き父の影響が大きいと思います。

四国は遍路の地で、
昔から「お接待」の気持ちが根付いているところです。
それに加えて、父はいつも人を気に掛ける優しい人でした。
お年寄りとか、いつも弱い立場の人を思いやっていました。
口下手で自分の気持ちを表すのが下手で
意地っ張りで強がりな人でしたが
それでも、人はわかってくれてて
父が亡くなった時は大勢の人が駆けつけてくれました。
初めて知る人も多かったです。

あくとさんがもっと困った時
もし、私に出来る事があったら
遠慮なく言ってくださいね。
コメントについて

記事と関連しないコメントや
当ブログの記事について
一切触れていないコメント
自分のブログへの
アクセス数稼ぎだけの為の
コメントと思われるものについては
こちらの所存で
削除させて頂く場合があります

現在の時刻
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

愛用してます♪






メールフォーム
注意:Yahooのメルアドは
スパムブロックに引っかかりますので
それ以外のメルアドでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
QRコード
QRコード
プロフィール

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
お気楽マイペースな
のほほん系。
アラフォーなんて気にしない
行き遅れ女

カウンター

現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りブログ更新状況
当ブログはリンクフリーです♪
ブックマーク