スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じれったい…

被災地にガソリン・灯油が届かない原因の1つに

ガソリン買い占めが続いている為、

トレーラーがガソリンを給油出来ず

出発出来ないと知り、歯がゆい、じれったい、複雑な気分になっている。



駅が込んでいるのはわかってます。でも

電車は利用出来ないのでしょうか。

同じ会社の人と、車に乗りあって出勤する事は出来ないでしょうか。

自転車で出勤する事は出来ないでしょうか。

交通手段がいくつかあるのなら

せめて車以外の方法を使って欲しい。



被災地の方々が車を使うのは他に方法がないからです。

楽な方法を選びたいのはわかります。

でも、被災地の方の事を考えて

しばらくの間は

ガソリンを少しでも使わずにすむ方法を使っていただければ、、、と思います。



私も車無しで生活出来ない場所に住んでいます。

標高600mあまりの高さの位置に我が家はあります。

一番近くの駅まで車で1時間。

自転車は

「行きは良い良い、帰りは怖い」のフレーズが思い浮かぶほど

帰りは延々と自転車を押して帰る羽目になります。

(一度やってみたらバス停まで行きは30分、帰りは3時間でした、、、)

バスは一番最寄りのバス停から徒歩で2時間。

バイクは乗れません。

だからなおさら車のありがたみがわかります。



今まで休日は母と買い物をしたりして

車を利用していましたが

震災後は、少しでもガソリンを使わないようにと

買い物は仕事帰りに、用事も出来れば仕事帰りにしています。

今度の休みはお彼岸なので出かけますが

それでも用事がすんだらすぐ帰宅しようと話しています。

家では今まで休みはパソコンを開いてネットをしていたのを

電気を切って、読書をしています。



1人の心掛けは微々たるものでも

何人、何百人、何千人とやっていけば

すごい事だと思いませんか



今は情報は携帯で集めているんですが

人によっては

「計画停電を実行している電力会社でない場所で

節電をしても意味がない」

と言っている人もいるようですが

私はそうは思いません。

被災地と直接関係なくても

節電をする事で電気があるありがたみを感じる事も必要だと思うから。



「被災地の為になるならば」と

節電をしたり、買い控えをしている皆さん

いろいろ言われている方もいるかもしれません。

私も職場で「こっちでそんな事しても無駄」と言われました。

でも、自分のしている事は間違ってはいないと

自信を持ちましょうね。



がんばろぉ!



<リンクしているブログ・サイトの方の安否確認>
「無事です」とか、地震について触れている記事で判断 3/19 AM12:00現在

登録数:55サイト
   リンク切れがあった為、変更

無事を確認:31サイト
   ネットを通さず個人的に安否確認3名
   ブログでなく、mixiで無事を確認1名
   ブログでなく、Twitterで無事を確認3名


不明:24サイト



ちょっとひとりごと

今更ですが、Twitter、興味を持ってます。

でも。

どうすれば出来るのか分からない(苦笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントについて

記事と関連しないコメントや
当ブログの記事について
一切触れていないコメント
自分のブログへの
アクセス数稼ぎだけの為の
コメントと思われるものについては
こちらの所存で
削除させて頂く場合があります

現在の時刻
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

愛用してます♪





お試しちう♪



お世話になってます♪
フェリシモ「コレクション」(頒布会)

トリンプ・オンラインショップ



DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】

ベルメゾンネット

新生活特集

セコムの食

激安ブランドコスメの通販サイト Cosmeland

ブックオフオンライン

フルイチオンライン



リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

メールフォーム
注意:Yahooのメルアドは
スパムブロックに引っかかりますので
それ以外のメルアドでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
QRコード
QRコード
プロフィール

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
お気楽マイペースな
のほほん系。
アラフォーなんて気にしない
行き遅れ女

カウンター

現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りブログ更新状況
当ブログはリンクフリーです♪
ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。