ツバメから教わる事。

昨日取り上げたツバメの話の続きを。



今日、残りの1羽が飛びました♪

しかし。

一度留ってからもう動けません…

屋外の雨除けの桟に留ったまま。

親ツバメはまだ早かったと判断したのでしょうか。

ヒナの移動先で

飛びながらエサを与えていました。

閉店の時間になってもそのまま

結局どうなったのか見届ける事は出来ませんでした。



明日になったら自由に飛んでるかな?



実は店には他にもツバメの巣があって

今回のと合わせて全部で3か所。

どうやら

ツバメの世界では

自分たちつがいの他の大人のツバメは

すべて敵とみなしてるようで

自分の巣の近くに

他のツバメが飛んでいると攻撃を仕掛けていました。



一生懸命自分のヒナを守ろうとしている姿を見ると

いつも思うんです。



ツバメに限らず、他の生物の親はすごいなって。



一生懸命巣作りをして

生まれたらただひたすらエサを与えて

外敵からも守って。

ただ与えるだけ与えて

無事巣立ったのを見届けて自分の任務を終えて

生物によってはそのまま生を終える場合も。



それを考えると

人間って欲が深いなぁ。



おなかに1つの魂が宿った時は

無事五体満足で生まれてきますように。

丈夫に育ってくれたらいい。

とか思うのに

子供が成長してくるに従って

こうなって欲しい、ああなって欲しいと

欲が出てくる。



毎日を生きてくれてる。

それだけでも「感謝」なのにね。





私が日頃思ってる事。

母が生きてくれている事に「感謝」

どんな時も見捨てず育ててくれた事に「感謝」

そんな気持ちをずっと持っていたい。



毎年この時期になると

ツバメに教わっている私です。





人気ブログランキングへバナー




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントについて

記事と関連しないコメントや
当ブログの記事について
一切触れていないコメント
自分のブログへの
アクセス数稼ぎだけの為の
コメントと思われるものについては
こちらの所存で
削除させて頂く場合があります

現在の時刻
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

愛用してます♪






メールフォーム
注意:Yahooのメルアドは
スパムブロックに引っかかりますので
それ以外のメルアドでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
QRコード
QRコード
プロフィール

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
お気楽マイペースな
のほほん系。
アラフォーなんて気にしない
行き遅れ女

カウンター

現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りブログ更新状況
当ブログはリンクフリーです♪
ブックマーク