スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしもの時に

ホントはワードローブについて書くつもりだったんですが。



昨日思いがけない事が起こりまして。

以前紹介した従妹の母である叔母が

石垣から落っこちて足を骨折してしまいました。

母と2人で外出している際に連絡があり

病院を駆けつけたんですが

そこで思った事を今日は取り上げようと思います。



救急車で運ばれて

叔父は付き添い、

従妹は入院準備と、赤ちゃんがいる為遅れてくる事に。

私と母、

もう一人の叔父(奥さんがその病院に入院していて居合わせた)

そして夫である叔父と4人でジリジリと連絡を待っていました。

そこへ従妹が入院準備を持って駆けつけたんですが

それを見て思ったんです。

「私が叔母の立場だと誰が準備する事になるだろうか」と。

今なら母がいますが

母がいなくなった時は?

おそらく義姉か姪2人のどちらかがする事になるでしょう。

その時に、

下着や服を見られたらどう思うか。

おそらく

「散らかってるなぁ」と思われるんじゃなかろうか。

皆、私の「汚部屋」時代(今も少し名残があるけど、、、)を知ってるので

その時に比べたら幾分マシだとは思うけれど。



親戚から聞いたこんな話がある。



親戚の近所に夫婦がいて

息子さんは少し障害を持っていて要介助。

ある時、夫婦の姿が見当たらなくて

心配になった息子さんが

親戚に「見かけませんでしたか?」と連絡をしてきた。

警察にも連絡をしてあちこち探してみたところ

川に落ちている老夫婦の車を発見。

車中から水死体で発見されました。

おそらくハンドル操作を誤って落ちたのだろうとの事でした。

伯母は、家庭の事情を知っている事から

きちんと出来る人がいないだろうと

「ずぶ濡れの仏さんを早く着替えさせてあげなければ」と

タンスの引き出しを開けました。

そこには

2人分の白い死装束がきちんと畳まれて置いてあったそうです。

それが入っていた引き出しには書き物があって

自分達にもしもの事があった時にこうして欲しい

と言う事を書いていたそうです。

話を聞いて、私が胸を締め付けられたのは

この準備は、

息子さんの障害がわかった時になされたものだと言う事。

20数年以上前に

どう言う思いでこの準備をしていたのか。



息子がいなくなった場合、自分達だけになる。

そしてどちらかが最後に逝く時、

世話をしてくれる人はいない。

ならば、あとを世話してくれる人に迷惑をかけないように

自分達で準備をしておこう。



そう思っていたのかもしれない。



今の私のまま、今後暮らしていくのならば

私の最後は兄夫婦や、甥・姪の手に委ねられる事になる。

その時にどこまで迷惑をかけずにいられるか

その事をじっくり考えさせられる。



叔母の事故で決意した事がある。

もしもの事があって入院した時の為に

旅行かばんに入院一式を準備しておこう
、と。

入院の際に必要なもの。

*バスタオル、フェイスタオル数枚

  叔母の病院の場合、バスタオル2枚、フェイスタオル3枚 と指示あり。

*箸、湯飲みかマグカップ

  ストローで飲めるような、ふた式の方が良いかも。

*洗面道具

  石鹸、歯ブラシなど、トラベルセット

*パジャマ、下着

  パジャマは前明きのものか、あるいは寝巻き。

  3日分のつもりでいれば洗濯のサイクルもちょうど良いかと。




全部用意するのは大袈裟すぎるので

とりあえずこれだけ準備出来てるといいかなと。

これを3ヶ月おきに点検して行こうと思います。



今の年齢になってから

今後の事を考える事が多くなりました。

最初は、年をとって体が動かなくなった時の事を考えていましたが

それよりもっと前に

もしかしたら明日起こるかもしれない事故の時に

慌てずに済むように考えていかねばと思っています。



他人事のように思っていたこれらの事

私だけでなく、同じくシングルの人

また、子供のいない夫婦も、

誰もが考えていかないといけない時代になっているのでは?

と思います。





「こういう事も考えておかないといけないね」と共感してくださる方
ポチッとお願いします
人気ブログランキングへバナー



↑とは別の、このブログの「fc2.com」で設置されている「拍手」です。
こちらも良かったらお願いします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

考えさせられる・・・

旅行に行く時などに、「もしも何かあったら、この(乱雑な)部屋に親が来たら泣くだろうな」とは思ったりしましたが、けがとか病気とか・・ってことは考えた事ありませんでした。
そのご夫婦、立派な方々ですね。
残された人に、もしくは自分の世話をしてくれる人に出来るだけ迷惑をかけないよう、負担にならないよう・・・と考えるのは大切ですね・・・
自分の持ち物を整理するのも、そう言う意味でも大切かも。
そう思いました。ありがとう。

すごく身につまされる話でした。
なぜなら「私もそうなる」可能性がすごく高く、準備しようと常々思っていたからです。
今までは漠然と頭で思うだけでしたが、
親も年老いてきますし、そろそろ考えなければと思っていたところだったので。
まずは要らないものを整理して(死んだあと、この処分が大変なんです、祖母の時実感)、家の中整理してと。
持ち出しセットを作るのは無理でも、引き出し開けたら誰でもすぐわかるようにしたいな、と思います。
旅行の前も掃除して(何かあった時大変)おくんですが、
常日頃から「身軽に」しておきたいと再度思いました。

入院セット、作っていること大事ですね
私は、同じ職場の友人数人に
「部屋が散らかってるので、無印で(指定)数日分は買ってくれ」
と頼んでいます
で、妹(県外在住)には精算してくれと頼んでます
方法としては、どうなの?って感じですが
後々恥ずかしくないように・・・と思えば今のところこれしかない!
入院セット用意できる部屋はいつのことなんでしょうか?

そうそう、入院セットですが後は
スプーンと履物があれば完璧じゃないかと思います
救急車で運ばれて履物がないっていう状態になる方
多いそうです
家族が入院した時はウェットティッシュも便利でした

田植えが終わり、G・Wの尋常でない客数に大わらわで、
夜はグッタリの毎日を過ごしてるぺんぎんです
v-394

★miiさん
そうなんですよね。事故とか怪我って
他人事のような感じであまり考えた事が無いんですが、
でも。自分もなりうることを考えたら他人事でないですよね。
ご夫婦の事を聞いてから、
私は自分が死んだ時にどうしておきたいかを考えるようになりました。
死んだら何一つ持って行けないんだと考えたら
不思議と物欲も薄くなってきました。(これは良い事ですよねv-398)


★酉蔵さん
実はご夫婦の事を聞いたのは去年の秋ごろなんです。
それからいろんな事を考えて、物欲も減って
要らないものを捨てるようになって。
今持っているものは、
もしかしたら都会にいる女性の持っている衣類の
5分の1くらいかもしれないと思ったりします。
自分が死んだら、その後片付けは自分で出来るはずが無いので(出来たら怖い、、、i-230)
後の人が困らないようにする事は大事だと思います。


★ねこたさん
入院セット、うちはド田舎で買って間に合わせると言う事が出来ないので
今回の叔母の事ではすごく考えさせられました。
とりあえず一番必要になるモノを考えたら
上記の物がまず必要かと。
あとは徐々に揃えていけばいいんじゃないかと思ってます。
でもね。
「入院するわけじゃないのに準備してる自分ってどうよ?」なんて考えたりするんですi-229((笑))
コメントについて

記事と関連しないコメントや
当ブログの記事について
一切触れていないコメント
自分のブログへの
アクセス数稼ぎだけの為の
コメントと思われるものについては
こちらの所存で
削除させて頂く場合があります

現在の時刻
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

愛用してます♪






メールフォーム
注意:Yahooのメルアドは
スパムブロックに引っかかりますので
それ以外のメルアドでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
QRコード
QRコード
プロフィール

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
お気楽マイペースな
のほほん系。
アラフォーなんて気にしない
行き遅れ女

カウンター

現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りブログ更新状況
当ブログはリンクフリーです♪
ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。