スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリアスタイルを決めた時

お片付けをするようになってから
色んなブログを見せていただいてます。
(ほとんどロムばかり。すみません。)

そして、いつも「自分に何か足りない」と思いつつ
毎日を過ごしていました。

その「何か」がわかったのは
ペガサス娘さんのブログを見せていただいた時。

ペガサス娘さんホテルライクな北欧シンプルモダンのお部屋を目指して
見事、理想のお部屋にされました。

じゃ、自分は?と考えた時、
自分の部屋をどのようなスタイルにするのか
全然決めてない
事に気がついたんです。

イメージとしては「シンプル」
でも、それまでの私の部屋は良く言えば「ナチュラルテイスト」

床はウッドカーペット
天井は和室のままの軒天(和天井)
壁は木目調のプリントベニヤ
入口右には、OSBボードで作った棚・・・・・・


暗い!あまりに暗すぎる!
まるで、ダンボール箱の中のような部屋

その日から自分の部屋をどのようなイメージに変えていくか
いろいろ考えました。

まず、色。
これは風水の本から応用して
「白」と「ピンク」にこだわる事にした。

次にスタイル。
これが難問で、「シンプル」なんだけど「ロマンチック」も欲しい。
だけど「ロマンチック」が強すぎても嫌。
そして「エレガント」さも欲しい。

堂々巡りの時に、"フッ"と吹っ切れたんです。

「スタイルにこだわらなくても良いじゃない」って。

「私の好きな私らしい部屋」にしようって。

そう考えた時、
頭の中に、自分の部屋のイメージが湧いてきました。

壁は白。
ポイントにボーダー壁紙を貼る。
カーテンレールは丸見えだと寂しいから見えない工夫を。
パソコン・AV機器周辺はすっきりと。
要らないもの・余計なものは無くしてシンプルに。
和室の雰囲気を極力押さえて洋風に。
ただし、やり過ぎない事。

イメージどおりに出来てるかどうかは
出来上がってみないとわからないけれど
そのイメージに向けて自分がいろいろやってるって事が
すごく楽しくなって来てます。

「開かずの6畳間」の事は横に置いといて(コラッ)
今は自分の部屋を完成させる事に没頭しようと思います。


*************************

自分のスタイルに迷った時、
こちらを見つけました。
私の診断結果は
No.1 「シンプル・モダン」
No.2 「ロマンティック・エレガンス」
No.3 「トラディショナル・スタイル」
でした。

結構当たってるかなと思います。
あなたの診断結果はどうですか?

*************************

現在109位!
朝、チェックした時はなんと98位でした!
びっくり!!

今回もポチッとよろしくお願いします。
バナー
   

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
私も早速やってみました。
シンプル・モダン、モダン・フォークロア、そしてロマンチックエレガンス。
・・・うーん、これってどうやって今のうちへ取り込むのか?スッキリしてでもどこか温かな感じというのは好きなので、それをフォークロアにするかシンプルモダンになるかは腕の見せ所・・・??でも私の場合、昭和テイストのダサい系になりそうな予感がしてます・・・(◎-◎;)!!

★酉蔵さん
自分の理想と、現実の部屋との兼ね合いって難しいですよね。
私の場合、部屋が床の間のある
純和風の部屋だったので随分と悩みました。
それで、「1から10まで完璧にしなくたって良いじゃない」と考えたんです。
酉蔵さんもきっと自分なりのスタイルの部屋が出来ると思いますよ。
出来上がった暁には、ぜひお部屋を見せてくださいね♪
コメントについて

記事と関連しないコメントや
当ブログの記事について
一切触れていないコメント
自分のブログへの
アクセス数稼ぎだけの為の
コメントと思われるものについては
こちらの所存で
削除させて頂く場合があります

現在の時刻
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

愛用してます♪






メールフォーム
注意:Yahooのメルアドは
スパムブロックに引っかかりますので
それ以外のメルアドでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
QRコード
QRコード
プロフィール

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
お気楽マイペースな
のほほん系。
アラフォーなんて気にしない
行き遅れ女

カウンター

現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りブログ更新状況
当ブログはリンクフリーです♪
ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。