自分に似合う色って。

前回の結果、いかがでした?

もしかしたら

「全部の色が似合うんだけど」と言う

素晴らしい方もいらっしゃるかも。



では、結果です。

①薄い色(   )は全然似合わないけど、
  原色(   )もちょっと、、、って感じ?
  ★ディープカラー (秋タイプ)
  このタイプははっきり色を主張するようなカラーは苦手かも。
  どちらかと言うと    のような色が似合います
  私がこのタイプでないと自覚したのが口紅の色。
  オレンジ系が超似合わない、、、



②パステルカラー(   )が似合うけど、
  くすんだ色(   )は似合わない?
  ★ブライトカラー (春タイプ)
  芽吹いたばかりの新芽の色や、水仙・すみれなど
  淡い色がいっぱいの春。
  そのイメージとのままに似合うのがこのタイプ
  薄い色でも、少し青が混ざったような涼しい色は似合わないんですよね。



③赤・黒など、はっきりした色(   )でないと
   ぼやけた感じになっちゃう?
  ★ブリリアントカラー (冬タイプ)
  原色などハッキリした色が似合うのがこのタイプ
  目がキリッとはっきりした人、あるいは髪の色は赤みのない方なのでは?
  講師が選んだ私のタイプがこれ。
  私をイメージしたければ、五月人形を想像してください((爆))


④パステルカラー(   )は似合わないけど、
  くすんだ薄い色(   )が似合う?

  ★パステルカラー (夏タイプ)
  このタイプで一番わかりやすいのが、似合う色を選ぶ時
  あじさいの色を想像していただければピッタリだと思います。
  どこか少し青を刺し色にしたような、
  少し青みがかった涼しい色が似合うのがこのタイプです。




ここで紛らわしい文章に気付きました。。。。。。

春タイプが似合うのはパステルカラー

夏タイプはパステルカラー

どっちやねん!と自分にツッコミいれてました。

これはわかりにくいですよね。すみません。



春タイプの似合うパステルカラー

これはベビー服の色を想像していただければと思います。

少し温かみのある優しい色です。



夏タイプをパステルカラーと書いてますが

これは、通信講座で習ったのがこの分類だったから。

他の、パーソナルカラーの本とかだと、

単に「夏タイプ」と書いてるので、

昨日の記事でもそう書けばよかったなと思っています。

このタイプは涼しい色が似合うので、

同じように薄い色が似合う春タイプとは正反対になります。





パーソナルカラーについて書いてる本は数あれど

次の本は見てるだけでセンスが良くなりそう♪

と思ってしまいます(笑)




次にパーソナルカラーについて書く事があれば

今度はタイプ別にそれぞれの色を取り上げたいと思います



人気ブログランキングへバナー






スポンサーサイト

私流のカラーの見分け方

この前の試験は結果が出てないけど

ダメであろうと諦めている私ですが

一応、「カラーコーディネーター」ではあるんですよ?



ただし。



頭に「アシスタント」がつきますが(^^;;



これが証明する合格証。

1001153.jpg




つまり。

一応、色についてはわかっている、



はず



なのですが、、、、



が、、、、、、



「センスが良いか」

と聞かれると頭をひねっちゃいます  ←おいおいっ

そこで、

私が自分に似合う色を再確認するために

ちょっとだけブログで数回に分けて取り上げたいと思います。



今回は

「自分のカラーを確認」

ここで言う「カラー」は似合う色でなく

自分の肌の色・髪の色・瞳の色のこと。



人は、似合う色のパターンによって

季節に例えて4つに分けられています。

似合う色の事を一般的にパーソナルカラーと呼んでいます。



★ブライトカラー (春タイプ)

★パステルカラー (夏タイプ)

★ディープカラー (秋タイプ)

★ブリリアントカラー (冬タイプ)



この分け方が結構難しいところ。

なぜなら、自分の色は鏡でしかわからないですよね。

だから4つ、あるいは8つの色から自分に近い色を選べ

と言われてもよく分からない。



私の場合、自己診断でディープカラー(秋タイプ)だろうと思ってたら

講師からはブリリアントカラー(冬タイプ)である

との診断を受けました。

でも、いまだに頭をひねってます。

だって周りから「似合う」と言われているのは

たいていは茶系統。

ところが茶は秋の色なんですよね。



他の方からも

カラーコーディネーターに見てもらったんだけど

その色がホントに自分に似合ってるのかよく分からない


と言う声を聞きます。

せっかくお金を払って見てもらっても

診断結果に納得が出来ないと

なんだか損をしたように感じるかもしれません。



これまで勉強したカラーの分け方にこだわらず

私流に「こういう人はこっちのタイプでは?」

と思う分け方にしてみました。

プロの方からしたら「とんでもない!」と思うかもしれないけれど

一般の、ごく普通の方に分かりやすくと思い

取り上げる事にしました。



では。

次からの質問をご自分に当てはまるのはどちらか選んでください

①薄い色(   )は全然似合わないけど、
  原色(   )もちょっと、、、って感じ?

②パステルカラー(   )が似合うけど、くすんだ色(   )は似合わない?

③赤・黒など、はっきりした色(   )でないとぼやけた感じになっちゃう?

④パステルカラー(   )は似合わないけど、くすんだ薄い色(   )が似合う?




補足説明:お化粧の時、口紅の色選びで一番わかりやすいと思います。

①…他のタイプに比べてオレンジがかった色も似合うのがこのタイプ
  彩度の低い落ち着いた色が似合う。

②…明るい赤とか、サーモンピンクの色の口紅が似合うのがこのタイプ。
  落ち着いた色だと老けて見られるかも。

③…口紅を塗る時、ピンク系統が一番似合わないのはまずこのタイプの方です
  逆に赤だとキリッとした感じ。鮮やかな赤から落ち着いた赤までOK。

④…ピンクでも少し落ち着いた色、紫がかった色が似合うのがこのタイプ。
  真っ赤の口紅だとキツく見られるのがこのタイプ。


結果は次回のお楽しみ♪




結果が楽しみな方はポチッ
人気ブログランキングへバナー



コメントについて

記事と関連しないコメントや
当ブログの記事について
一切触れていないコメント
自分のブログへの
アクセス数稼ぎだけの為の
コメントと思われるものについては
こちらの所存で
削除させて頂く場合があります

現在の時刻
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

愛用してます♪






メールフォーム
注意:Yahooのメルアドは
スパムブロックに引っかかりますので
それ以外のメルアドでお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
QRコード
QRコード
プロフィール

ぺんぎん

Author:ぺんぎん
お気楽マイペースな
のほほん系。
アラフォーなんて気にしない
行き遅れ女

カウンター

現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入りブログ更新状況
当ブログはリンクフリーです♪
ブックマーク